ホーム > オリジナルグッズの通販について > オリジナルグッズの通販は現代社会にマッチしている

オリジナルグッズの通販は現代社会にマッチしている

買いたい物を買うのが一般的な買い物ですが、お店で物を買うよりも自分で作るのが流行っています。
オリジナルグッズの通販はオーダーメイドの商品を注文するスタイルで、そこには既製品によくある商業的なデザインはありません。
むしろ万人受けしないようなデザインを自分で作り、それをTシャツにプリントしたり、アニメのキャラをそのままマグカップのデザインにしたりと、あらゆる意味でマニアックです。
オーダーメイドのスタイルで注文するとアイドルの顔写真などがきれいにプリントできるため、ファングッズとしてアイテムを自作する人も増えています。
代表的なのはTシャツなど衣類ですが、ステッカーやマウスパッド、ボールペンなど特定の物にあらかじめデザインを貼りつける形でオーダーする方法もとられています。


毎年のように行われるイベントや、大学の学園祭などで同じシャツを着るケースがあります。
その時に使われるシャツなどは、オリジナルグッズの通販を通じて作られ、みんなに配られています。
大量に同じ物を注文すればその分一つあたりの価格は安くなるため、学園祭の実行委員などがあらかじめシャツなどは作っておきます。
現代社会においてこの注文スタイルはマッチしており、家から一歩も出ないでネット上だけで買い物ができることを示しています。
それは忙しい主婦やサラリーマンにとって朗報でもあり、既製品を買わずに自作する楽しみも教えてくれます。
デザインセンスがあればあるほどオーダーメイドの良さが理解でき、シャツなどに自分が描いたイラストをプリントしたり、さまざまな模様を組み合わせて芸術的な絵を作ることもできます。


あまり個性に走りすぎると、見る人が何も感じ取れなくなるので注意が必要です。
オリジナルグッズの通販のサービスを用いて作られる物は、多くの人に認められるよりも自分だけが認める狭い範囲での恰好よさで良いわけです。
実際、このサービスを使って印鑑を作ったりオリジナルのジャンパーを作る人がいます。
自分がデザインしたキャラクターをプリントし、そこに自分の意志を反映させます。
すなわち、そこにはイデオロギーが存在し、作った人の個性が色濃く出されるわけです。
何を作るかは本人の自由ですが、デザインに関してはあまり芸術に走ることなく、大勢の人がある程度認められるデザインにするのが無難です。
ゲームのキャラなどは特にマニアックなので、わかるようにディフォルメ化したり、大勢の人に見てもらえるように恰好よく書くなど工夫が必要です。

次の記事へ